大阪府高槻市高槻町19-2 みずきマンション203 電話 072-683-2291 / FAX 072-683-4620 H.P. http://fudefude.com
2014年08月27日 (水) | 編集 |
経営者仲間の経営指針発表会に行ってきました。
今年で6期めですが、連続で参加させていただいています。
その時の発表の中に、山本五十六の言葉の説明があるとのことで
プレゼントとして書かせていただいたものです。

IMGP1677 1

やってみせ、言って聞かせて、
させてみせ
ほめてやらねば 人は動かじ
話し合い 耳を傾け 承認し
任せてやらねば 人は育たず
やっている 姿を感謝で見守って
信頼せねば 人は実らず



前半の言葉は聞いた事がありますが、後半の4行は
私には初めて聞く言葉でしたのでご紹介させていただきました。

創業以来、6期目、一年ごとに社員さんも会社も成長されている姿が
まぶしいくらいでした。
2014年08月25日 (月) | 編集 |
昨日、善男善女、お詣りの方の前で、施餓鬼法要の塔婆を書かせていただきました。

その時、お寺さんから頂いた冊子の中に、心にのこる言葉があったので
毛筆で書いてみたくなりました。
(ことばは少しアレンジしています。)








2014年08月21日 (木) | 編集 |
当社、事務所に掲げてある経営理念の額です。
IMG_2680.jpg

入って真正面にあります。
IMG_2677.jpg
お近くにお越しの際はお立ち寄りになって、ご覧ください♪


2014年08月19日 (火) | 編集 |

今年の展示会に向け、一生懸命、島崎藤村の初恋の詩をお稽古中です。明治時代は知らずとも、恋する思いは同じとか。

2014年08月18日 (月) | 編集 |
先日お知らせしましたロゴ体がめでたく木の看板として仕上がりました。

1656064_571483389629542_8386698550407538915_n.jpg

中井産業さまの「筆ヶ崎ブランド」として益々のご発展をお祈りします。


2014年08月18日 (月) | 編集 |
お盆の13日から、施餓鬼の揮毫のため、お寺へ出張しておりました。
お仕事とはいえ、みずからの心を洗うような気持ちになりました。
いろんな方の数百枚のご戒名を書かせていただき、
おひとりおひとりさまざまな人生があったのだろうな、と思いをめぐらせました。
私にとって非常に貴重な時間、ありがたく思いました。

このような次第で、電話にも出られない状況でした。
お盆中にお電話等、頂いた方、大変失礼しました。

2014081412090000.jpg

お盆のことを施餓鬼供養(餓鬼に施す供養)といいます。
その物語はお釈迦様のお弟子の一人、目連さんが見た夢に始まります。
その夢とは 亡くなったお母さんが何も食べることのできない「餓鬼道の世界」
で 苦しんでいる姿でした。
その苦しみを救うためにお盆には食べ物、飲み物を供養することに始まります。
この物語は「あの世」のことですが、今生きている私達にもあてはまることです。
お盆は亡くなった方々のみたまをおまつりし、心から感謝の思いを捧げると
共に、今生きている「私達のいのち」も「激しい苦しみ」などを味わうことのないよう
供養のまことを捧げる尊い機会であります。
  ご参考に・・・


2014年08月13日 (水) | 編集 |

2014年08月13日 (水) | 編集 |

2014年08月08日 (金) | 編集 |
今日は地域のコミュニティーセンターで「写経教室」でした。
市の広報で募集され、22名の方が参加されました。

最初に余計な力を抜くための呼吸の仕方のレクチャーから。
「調息」→「調心」です。



男性の方が6名。年々増えているように思います。







お盆を前に、みなさん 心おさめ の時間でした。

2014年08月07日 (木) | 編集 |

心を込めて写経を書いています。